ざわざわしたなにか。再び。

Pocket

こんにちは。
歴史好きなかんてんです。

 

僕は「ネットビジネス業界」というものを12〜3年間くらい
ズーーっと見てきたのですが、

 

そんな古参も最近では減ってきたのでw、
こんなセミナーをグループで開催して見ました。

 

過去を知れば、新しいことが見えてくる。。。

まさに温故知新。

 

正直、ここ5年間くらいは「空白」のような時間が流れていたのですが、
近頃は「ブロガー」と言われる人たちが台頭してきました。

 

でも僕から見ると「マーケティング」とか、そのあたりの知識がある人はあまり見当たらなくって
とりあえずあてずっぽうにブログを書いている。。。

当たればラッキーみたいな、そんな感じを受けています。

 

実際に「ファッションブロガー」と呼ばれるような、
稼いでいるのか、稼いでいないのか?

いまいちよくわからないような人たちも沢山いると聞きます。

 

楽しいのは分かった。
でもマネタイズはどうなのか・・・

 

 

実際に、僕の元にはこのような声も届きます。

「ブログを作ったけど、何を書いたら良いかわからない」

「メルマガに読者が登録してくれない」

「そもそもアフィリエイトってなんでしょうか」

以前であればこのあたりは「最低ライン」のような感じがしましたが、
どうやら近頃はそうでもないようです。

 

根本的な、スキルが抜けている。。。?

僕はここに「ざわざわしたなにか」を感じます。

 

◯時代は螺旋階段のように上昇していく

 

これはどの業界を切り取っても同じような構造なのですが、
時間の流れとともに、主流とされるものは変化していきます。

 

例えばネットビジネス業界。

 

ペラサイトアフィリエイターが台頭したと思ったら

レビューアフィリエイターが現れ、

 

レビューアフィリエイターが全盛期を迎えたらと思ったら

「新世界というマーケティング」に彼らは駆逐された。。

 

と、時代の流れとともにメインストリームは移り変わっていくのです。

 

現在、サッカーW杯が開催されていますが、

時代の移り変わりとともに主要メンバーが入れ替わっていく、まああんな感じですね。

 

「インフルエンサー」という言葉が持てはやされる現在ですが、

この後に大きな波が来る。。。

 

そんな予感が止まらないですね。

 

昔、同じタイトルでメルマガを書いた人がいましたが、
あの人が当時言っていたことと、まさに同じような空気感を感じます。

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。