アマゾンアカウント運用で気をつけるべきこと

Pocket

色々とツイッター界隈でお騒がせしております。
かんてんです。

ちょっとクローズドな実験を色々と行なっているんですけど、
ツイッターを使えば集客に困ることはないですね。

これはまたそのうちネタを披露したいと思います。。。

 

さてさて、このブログは当面物販方面の知識も充実させていく予定なんで、
今日は「アマゾンアカウント運用で気をつけるべきこと」をまとめておきます〜。

ではどうぞ。

 

◯アマゾンアカウントは結構厳しい。
知らないとBAN(削除)されることも。

 

実はやってはいけないルールがいくつかあって、
それを知らず知らずのうちに抵触してアカウント停止(もしくは削除)。。
とかになったらシャレになりません。

まあ、実際になっている人とかもいるらしいですけどw

 

アカウントが停止もしくは削除されないように対策することを
アカウントヘルスって言ったりもするんですけど、

 

実際に以下のような点に気をつけておいたほうが良いです。

 

・公衆WIFIは利用しないこと

 

これがまず気をつけておきたいことなのですが、
公衆WIFI使用はNGです。

なんでダメか??っていうと、
その公衆WIFIを使って過去にBANされたアカウントがあると、

自分も巻き添えをくらってBANされる恐れがあるからです。

 

たまに漫画喫茶でアカウント作った〜

みたいに言っている人もいるんですけど、
自ら地雷を踏みに行っているようなものですからね。

 

あ、ちなみに公衆WIFIは(知らないうちに)
勝手に接続されちゃうことも結構あります。

外出の際は念のためWIFIをオフにしておいたほうが良いでしょう。

 

・購入者のメッセージは速やかに処理すること

 

販売を続けていると、購入者からメッセージが届くことがあります。

これに気がつかないまま、放置をしてしまうと
アカウントヘルスに傷がつきます。

 

まあ、これですぐにBANされるということは無いでしょうが、
積み重なれば気がつかないうちにアカウント停止になっていた。。。

という可能性も無くはないので、
一応気をつけていたほうが良いですね。

 

・偽物を販売しないこと

 

例えばヤフオクやメルカリなどの、
個人流通が盛んなプラットフォームから仕入れて販売する場合に特に注意です。

中国でコピーされた偽造品などを知らずに仕入れて販売してしまった場合、
かなりの確率でアカウントヘルスに影響が出ます。

 

購入者から「この商品は偽物ではないか??」とアマゾンへ連絡が入ってしまった場合、
アマゾンから真贋調査請求というものがやってきます。

 

ここで正規品であることの証明(請求書など)が提出できないと
窮地に追い込まれるので。。。

 

偽造の恐れが限りなく少ない(もしくはない)
ネットショップ仕入れなどから始めてみるのが良いですね。

 

一応アカウントヘルスの他の項目については、

 

・注文不良率

・キャンセル率

・出荷遅延率

・期日内配送

 

などがあるんですけど、
まあこのあたりはFBAを使っていれば問題ないですね 笑

 

以上!

気をつけておいてください〜〜

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。