PV数を上げた先に見えてくる、「正しい世界の作り方」

Pocket

こんにちは。
PV数増加中のかんてんです。

 

今年の4月22日あたりから、

「毎日ブログを更新しよう!」

と決意し、それ以降日々記事をアップしているのですが、
10000PVを達成したので、じわじわと効果が出てきたようです。

 

ただブロガーという枠では10000PVではかなり少ないので、
これからも記事をコンスタントにアップさせるスタンスで継続していこうかと考えています。

 

ただ。。

このままブログのみを頑張っていくブロガーになるつもりは全くありません。

今日はそんな話をしてみようと思います。

 

◯PV数を上げるためには「記事を更新し続けること」なのは間違いない

 

記事をアップする → PV数が上がる

というのは(よほど内容のない記事を書かない限り)
絶対法則かと思います。

 

SNSなどでバズを狙う方法もありますけど、若干不確実なので
基本的には記事を更新し続けること。

 

これだけでPV数は右肩上がりを描くことができるわけです。

 

「記事が書けない」

「何を書いたら良いのかわからない」

 

このあたりの悩みを抱えている場合は、この1つ前のレベルの話なので、
これについてはまた機会があったらコツをお話ししたいと思います。

 

 

PV数を上げて、かんてんは一体何がしたいのか??

 

今後の設計図についてお伝えしたいと思います。

「PVをただ上げるだけでは意味がない」

と僕は常々考えていて、

 

ブロガーの次の次元の話をしますので、
よかったらちょっと集中して読んでみて下さい。

 

◯ブログは「自由に出入りができる」入場無料の遊園地のようなもの

 

基本的に僕のブログへのアクセスは、

SNS(ほとんどツイッター)とSEO(グーグルからの検索流入)がほとんどです。

 

おそらく、他のブロガーさんも
この流入経路がほとんどかと思います。

 

PV数を上げれば、
そりゃあブログを読んでくれる人は沢山いる。。という状況なのですが、

 

果たしてどれくらいの人がブックマークしてくれているのか??
というと、多分多くの人は1回見たら離脱してしまいます(悲しいかな。。)

1回見ただけのサイトをブックマークすることって、
僕自身もそんなにありませんからね。

 

パソコンのブラウザを閉じられてしまえば、
「2度と訪問してくれることはない」

これがブログが抱える大きなデメリットなわけなんですね。

 

◯PV数を上げたら、「読者リスト」を取っていくべき

 

ブログは待ちの媒体と言えるくらい、
読者の顔が見えません。

 

なのでブログだけでブランディングしていくのはもったいないので、
これから「メールマガジン」の発行を組み合わせていこうと思います。

 

実は以前に1回メルマガを発行したことあったんですけど、
コンセプトがぼやけてて発行しなくなっちゃってたんですね^^;

なのでもう1回立て直そうかと。。。

 

ブログと違い、メルマガでは読者との距離が近くなります。

 

つまり「1対1」でやり取りしているような、双方向の感覚を得られるので
読者→ファンのステップへと転化しやすいメリットがあるんですね。

 

僕がイメージする、理想の世界はこんな感じです。

 

・攻めの媒体であるSNS
(ここからまず集客していく)


・母艦としてのブログ
(グーグル検索流入からも集客すると同時にブログ内を楽しんでもらう)


・メールマガジン
(読者との距離を近づけていく、価値観を共有する)


・理想のコミュニティを作っていく

 

とまあ、最終的には「コミュニティ」を運営していきたいわけなんですが、
この流れを踏むことで自分が求めている仲間を自然と集めることが出来ます。
(これをマーケティングファネルって言います)

 

このSNS×ブログ×メルマガの連動って意外とやっている人が少なかったりするので、
PV数がそこそこある人は取り入れた方のが良いですよ。

 

「ラインじゃダメなのか??」
って言われそうですけど、

あまり長文を送りづらいのと、
ビジネス目的のみで使うと運営に消される可能性もありますからね。。。

 

メルマガへ着地させていくのがベストかと思います。

 

というわけで、これからメルマガスタンドと契約しますので、
また募集フォームができたらお知らせしますね〜!

 

PS.

ちょっとこれからは
マーケティング方面でも色々と話せるノウハウを出していこうかと思います。

 

今実感しているのがツイッターを使った集客方法なんですけど、
結構興味ある人多いんですかね??

 

ただ漫然とフォロワーを増やしても、
実は使い物になりません。

僕は1ツイートしただけで100アクセスくらい流せることもザラにあるので・・・

 

強力なツールだと思います。

 

ニーズがあればそのあたりもまたシェアしていきますね。

ではでは!

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。