強制的に稼ぐ力を身につける方法

Pocket

ここ最近はホテルを転々と渡り歩いているかんてんです。

もはや自宅と事務所にはあまり帰っていないのです。
住所不定のような生活っぷり 笑

 

ただこれには理由があって、
より大きく稼げるような環境を構築するためなんです。

 

僕は起業していますから、ある程度自由に時間を使うことができます。

ですが一方で、サラリーマンは忙しいです。

そもそも会社という組織は必要以上にあなたの時間を奪っていきます。

 

始業時間前からの出勤を迫られることもあるし、
大して仕事もないのに残業させられることもある。
(実際僕はそうでした)

 

会社に所属している以上、自由な時間は限りなく少ないのです。

使える時間が少ない以上、
そこからはかなりの気合いを入れないと
副業で大きく稼いでいくことは難しいのもまた事実です。

 

そこで僕が会社(官庁)勤めをしていた頃から取り組んでいた方法を今日は紹介します。

そしてこれは一気に成果を出せる手法でもあったりします。

 

それはなにか??

というと、

冒頭に話したように、
「ホテルに泊まって、ビジネス合宿をすること」なんです。

 

まず、ホテル代は自腹を切ります。

そしてそのホテル代を、その合宿中に回収してやる!!
という意気込みで、本気で稼ぎに行きます。

 

実際に僕は合宿中にどのように稼いだのか?というと、

店舗せどり

ネット仕入れせどり

物販(と呼べるシステムチックなやり方)

という順番で仕組みの構築をステップアップしてきました。

 

宿代や旅費の自腹を切るからこそ本気になるし、
自分自身に試練を与え、それを乗り越える経験をすることで稼ぎの桁を上げられるというわけです。

 

例えるなら、ドラゴンボールに出てくる「精神と時の部屋」のイメージです。

あの部屋では外界よりも時間の流れが遅く、とにかく修行に明け暮れることができる環境。
そして精神と時の部屋に入った者はお約束のように、皆大きくパワーアップしていきます。

 

会社に縛られて時間が中々取れないなら、思い切って休日の前の日からホテルに乗り込む。
そしてビジネス合宿と銘打って(最低でも)宿代をペイできるような稼ぐの仕組みを構築してしまうんです。

 

現状がくすぶってて、一気に結果を出したいのなら、
ぜひ一度試してみることをオススメしますよ。

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。