日曜午後の憂鬱さは異常。

湖
Pocket

あれ?なにか身体がおかしいぞ。

とくに嫌なことがあったわけではないのに、こんな憂鬱な気分になったのは何故だろう。。。

ああそうか。今日は日曜日だったんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

官庁勤めをしている時は特に大変な残業があったわけじゃないのに、
毎週のように「日曜日になると」憂鬱な気分になっていました。

 

いわゆるサザエさん症候群にハマりまくっていたのですが、
ほんとねー。言葉では説明することが難しいんですけど、とにかくしんどかった。

僕の職場では「ブラックマンデー」という言葉があって、
月曜日になると何故かクレーム客が押し寄せることが多かったです。

 

うわー。
やだなーー。

明日出勤してまたクレーマー客につかまったらどうしよう。。。

上司は見て見ぬ振りだし。。。

誰か助けてくれ。。。。!!

 

もはや聞こえてくるのは苦悩・恐怖。

そして「会社に行きたくない」という心の声。

 

正直なことを言うと、心が壊れそうでした。

 

僕は普通の人よりもきっと、飽きっぽい。

だからさっさと方向転換していく道を探したのだと思います。

 

一度嫌だと思ったら絶対嫌だ!!と思い込んでしまう性格。

「公務員なんて楽な仕事なのに続かないの??」

って人には言われましたが、フタをあけたら結構きつかった。

 

いつまでも押さえつけられる毎週、毎日が嫌だったから、
僕は公務員を脱出することへ舵を切ることにしたのです。

 

と、この前の日曜午後に久々憂鬱な気分を思い起こしたので、
当時の記憶を頼りに書き起こしてみました。

 

きっと日本のサラリーマンのほとんどが、こんな思いを抱いて毎週必死で生き抜いているんだと思います。

え?

プライドを持って仕事をしているって?

でも、

それってきっと目に見えないプレッシャーが知らぬうちに忍び寄っているのかもしれないよ。

無理をしすぎる前に、進むべき道を今一度再確認してみることを僕は応援するよ。

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。