勤務時間が長いと人生詰む!脱出の余地なし。

time
Pocket

僕は役所に勤める前に民間企業でも5年くらい働いた経験があるのですが、
そこが絵に描いたようなブラック企業でした。

この2つを満たしている企業が、今の日本にははびこっています。

それが。。。

 

◆2つのブラック要素がこれ

何がブラックなのか?というと、
まず給与体系。

 

基本給は10万円。あとは営業の成績によって業績給が出る、という仕組みで、
良いときは良いんですけど、数字が上がらなければ果てし無く給料が下がるというわけです。

リーマンショックのあたりで取引先がバッタバタと潰れた時なんかは、手取りが12万円という震える数字でした。
こんなんで家族をどう養っていけば良いのか。。。と途方にくれた覚えがあります 笑

 

そして次に、
ブラックな体質のところに限って勤務時間が長い!

僕が務めていた企業もその例に漏れず、
朝7時代には出社して、帰宅するのが21〜23時みたいな毎日でした。

ま〜世の中にはもっと想像を絶するような超ブラック企業があるんでしょうけど、
「手取り12万円」「帰宅時間が22時過ぎ」というのは結構応えました。

 

もし今の僕が当時にタイムスリップしたとして、
そのブラック企業に勤めながら副業に取り組もうと思っても。。。

まあ、まず無理でしょうね。

 

というのも、本業をやりながら副業に取り組むというのは非常にエネルギーのいることです。

会社の仕事でクタクタになった身体にムチ打って、さらに睡眠時間を削って副業をする。。。
というのも短期的にはできるかもしれませんが、長いことやると本当に身体を壊します 汗

 

かく言う僕自身も、一時期は睡眠時間を削って(というか寝ないで)ドン・キホーテに行き、
商品のリサーチを徹夜でやった。。。みたいね経験は結構あります。

ただ結局次の日に具合悪くなりましたからね。

「あぁ、睡眠を削るとあとでしっぺ返しがくるな。。。」とその時悟ったものです。

 

とにかく、本業に割く時間が長すぎるというのは大問題です。

 

それで有り余る給料が入ってくるんだったら(それでも使う時間すらないのは問題ですが)、
まだマシですけど、給料は低い、勤務時間は長いの二重コンボだったら。。。

遅かれ早かれ、「人生詰み」の状態に陥ってしまうんですね。

 

僕の場合はブラック企業とオサラバして、公務員になったんですけど、
そこもまたブラックだったという 笑

 

もし今の状況がスタートラインとしてとても厳しい(拘束時間が激しい)状況だったら、
いっそのこと転職をしてしまう!というのも一手だと僕は考えます。

仮に一旦給料が下がってしまうとしても、
自由に使える時間が増えるなら良し、という考え方ですね。

 

具体的にどのように転職したら良いのか??
どの就職サイトを使ったら良いのか??

については、あまり詳しくないので踏み込みませんがw

 

中にはアフィリ報酬欲しさに転職サイトのリンク貼ってあるブログもありますけど、
あまり信憑性は薄いので自分の目で確認していくことをお勧めします。

あと、僕が教えている物販ビジネスは、
実践する時間さえあれば月10万円〜20万円あたりは比較的ラクに到達できる数字です。

でもその時間すら確保できない状況だと、
まず今の仕事変えたほうが早いでしょう〜ってのが今日の話です。

参考までに!

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。