「遊びながら稼ぐ」スカウターの身につけ方

犬
Pocket

僕は「ドラゴンボールのスカウター」のような代物がこの世にはいくつか存在すると思っていて、
その中の1つが【物の相場を見極める力】だと考えています。

 

ピピッと操作すれば、相手(商品)の実力(値段)を
見極めることができる、アレですね。

 

物の相場を見極めると、
どういったことが起きるか。。。

 

ふらっと立ち寄ったお店でも、

「あっ!これ明らかに安い!!」

 

と、ピコーンとアンテナに飛び込んでくるようになります。

つまりお得に買い物ができちゃうというわけです。

 

つい先日も子供のおもちゃを買いに
ドン・キホーテに行ったんですけど、

「私安いよーー!!」

と目に飛び込んでくるんですね。

そしてそれをすかさず買う 笑

 

また相場より安く買えた場合は、何も自分で使わなくたって
適正価格で売りさばいてしまっても構いません。

むしろ、そっちのがお金に変換できるので、
より有益に使うことができたりします。

 

店舗で明らかに安ければそれを買い取って、
適正価格でAmazonなどのプラットフォームで
再販売すればお金が稼げる。

これが「転売」という商売?のロジックなわけなんですね。

 

僕は今となってはわざわざ店舗を駆け回って「転売」的なことをすることは無くなりましたが、
一時期は商品相場を把握するために色々なお店に通ったりしたのもまた事実。

 

この「スカウター能力」を身につければ、極論買い物ついでとか、
遊びに行ったついでとかに「明らかに安い物」を見極めることができるので、

できるなら身につけておいて損は無いのかな〜とも思います。

 

◆物販スカウターの身につけ方

 

本当は色んな商品の相場があらかじめ頭に入っていれば良いんですけど、最初はそううまくいきません。

ですので初めは「値札の打ち出し方」を見極めましょう。

 

先ほどのドン・キホーテの例で行けば、
なにより「在庫処分」という値札が目につきました。

 

在庫処分=お店にとっての余り物ですから、

店舗側からしたら、
値段を下げてでも売り切ってしまいたいわけなんですね。

 

そしてここが重要なんですけど、この「在庫処分」というものは、
呼び名を変えて色々なタイミングで現れます。

 

例えば時に「アウトレット」・「歳末セール」と呼んだり、
あるいは「現品限り」・「最終値札」と言ったり。。。

 

目を凝らして色んなお店を見てみると、実は様々な形で「在庫処分」が行われている!というのが実態なんです。

 

じゃあやることと言えば??

 

その値札を手掛かりにネット相場と比較するだけ、なんですね。

 

これが「在庫処分品」を手掛かりにした商品リサーチの一種です。

 

と、こんな感じの「色々な物販スカウターの身につけ方」にも触れた物販講座の開設準備を着々と進めていたりします。

物販というビジネスは非常に簡単な仕組みでできていて、
これを丁寧に解説していくだけで月5万、10万。。。と稼ぎを増やして行けるものですからね。

脱社畜をするための足がかりとしてはちょうど良いよな〜と思っています。

 

用意ができたら登録フォームを設置しますので、少々お待ちください。
ガラッと世界観を変える自信があるので、期待してもらって構わないですよ!

 

 

PS.

物の適正価格がわかるようになって明らかに変わったのは、
僕自身が無駄にお金を払うことが減りました。

だってネットだと2000円で買える物が、
店舗だと5000円で売ってたりするんですよ!
(明らかにボッタクリ。。。家電系に多かったりします。)

 

できれば相場以下。
ムリでも適正相場で手に入れるように心がけていきましょう。

 

ネット店舗ばかりで買うことを嫌う人も結構いますけど、
余計なお金を払うこと自体得策とはあまり思えませんからね。

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。