【悲報】「ハードオフ」のテーマソングが鳴り止まない。

鳴り止まない。
Pocket

最近、こんな記事がトレンド入りしているのを発見しました。

 

んなバカなwww

って思うかもしれませんが、

実際このレベルのわけわからん商品があそこには売っていたりします。

ハードオフは想像の上を行く魔境だったのです。。。

 

◆全国のハードオフ行脚という奇行に走る。

 

さかのぼること2年前くらいでしょーか。

「ボロ値で色んな物が買えるらしい」

という噂を聞きつけました。

 

ボロ値。。。お金が無い僕にとっては何とも魅力的な響きだ。。。

導かれるようにフラフラ〜っとお店に行ってみたところ、

あるわあるわ、お宝のような商品がwww

 

☑︎ジャングルジム → 1000円

☑︎タラコキューピーのドでかい人形 → 500円

☑︎エルゴベビーの抱っこ紐 → 1000円

今思えば子ども用品をよく買ったんですけど、

とにかく安い。しかも物によっては全然使われてなかったりしてとにかく綺麗。

 

中古品は嫌だ!」っていう気持ちが元々あったんですけどね、

お金が無い状態だと安さには全く勝てない。

 

ハマりにハマって。。。

全国のハードオフ巡りをした経験があります。

黒板

 

地域の名産品食べて、ハードオフに行く。

結局旅費のがかかったりして何やってんだかww

って感じでしたけど、まーとにかく楽しかったわけですよ。

 

で。。。ある時気がついてしまったのです。

あれ?同じ商品なのに、お店によって値段が違うぞ???

という事実に。

 

◆モノの価値は「テキトー。」だった。

 

さらに視野を広く見てみると、

ネットでの相場と、お店での値段がもっともっとかけ離れていることに気がつきました。

 

たとえば、フツーにAmazonだと5000円近くで売っているMDとかが、

ハードオフのジャンクコーナー(お店の奥にある、青いバケツw)とかには「500円」とかで売っているわけです。

MD

 

はじめは、またまた〜〜これ何かの間違いでしょう。

って本気で思っていたんですけど、

モノの価値」なんてそもそも人によって変動するものだし、

かなり「テキトー」に付けられているんだなあ〜と学ぶことができました。

(なので旅費も無駄じゃなかった。。。! w)

 

ただハードオフに行きすぎた結果、

僕はあのテーマソングが耳から離れなくなってしまいました。

 

テーッテッテ♪テーテッテ♪ってやつです。

実際の音楽があったほうがわかりやすいですね。これです。

 

人間、過ぎたるは及ばざるが如し。

なんでもやりすぎると害になるもんですね。

 

◆一方で「ボロ」を見分ける目利き力がついた

虫眼鏡2

 

しかし一方で、明らかに相場より安いでしょと見分ける力を手に入れるようになりました。

 

なんかね、ピーン!と来るんです。

モノがこっち見て「オレ、安いっすよー」って話しかけて来る感じ 笑

(これがその後の物販ビジネスに役立ったのは言うまでもない。。。)

 

 

でも、今はもうハードオフには行かない。

 

なんでか?って言うと、

買い過ぎちゃって部屋が埋め尽くされるから。

 

ジャングルジムとか2週間くらいは新鮮味があって子供も遊ぶし、

「買ってよかったねー」とか言っちゃったりするんですよ!

でもそれ以降はただの洗濯物干し場と化すわけです。

 

誰だー!こんなでかい邪魔物買った奴はー!!!

と嫁と喧嘩になったりして 笑

 

使用して不要になったものはリサイクルしましょう。。。

でもハードオフに持って行くと死ぬほど買い叩かれるから

適正価格で売りましょう。。。。

 

そんな、暑い夏の日の思い出でした。

現場からは以上です。

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。