A型は几帳面な性格って誰が決めたんだ

Pocket

僕の知り合いの女の子は、

どうやら「血液型占い」が大好きなようです。

 

「あの人はA型だから几帳面でしょ〜」

「この前会った◯◯ちゃんの旦那はB型だからちょっと合わないかなー」

 

みたいな会話を、

この前会った時も延々としていました。

 

「へーそうなんだー」

「うんうんそーだねー」

 

と、僕は会話に合わせて相槌を打ちます。

が。

 

ぶっちゃけ血液型占いなんて全く信じてません

 

そもそも、人間を4タイプに分けるのって

おおざっぱ過ぎるだろーって思います。

 

もちろん、

「自分がA型である」

という思い込みから来るプラシーボ効果のような

同調行動があるのかとは思います。

 

ただ血液型占いは絶対正しい!

みたいに信じ切って行動に踏み切ってしまうのは、

情報リテラシーとしては低いのではないかと。

 

あいまいな情報がはびこる現代社会

 

見渡すと僕たちの身の回りには

「それって本当なの??」

と思うような情報があふれかえっていませんか?

 

「頑張れば必ず報われる」

「公務員なら一生安泰だ」

「不動産投資をすれば必ず儲かる」

「30歳を超えたら物覚えが悪くなる」

「離婚したけど私は悪くない」

 

情報を鵜呑みにするのは自分の自由だけど、

それでどんな結果が訪れようと、責任を取るのも自分次第です。

 

僕は「自分の人生は自分でコントロールしたい」と考えているので、

我が身に降りかかって来る情報は基本疑ってかかります。

 

それって本当かよ!?

って。(少し性格悪いですかね 笑)

 

でも疑ってかかるからこそ、

変な詐欺話に引っかかることもないし、

(謎のネットワークビジネスとか宗教の勧誘は色々受けた過去があります)

なにより情報に強くなります。自分で判断できるようになります。

 

思えば。。。

中学の期末試験の3日前に、

「やべーーオレ毎日寝ちゃって俺全然勉強してないよ〜〜」

 

って言ってる奴ほど良い成績を叩き出してたな。。。

 

鵜呑みにしたら、負けますね。

 

情報リテラリーを高めていくことこそ、

これからの時代の必須スキルになりますよ。

ではでは。

 

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。