今さら英語の資格とか取ってどうすんの?って話。

Pocket

 

こんにちは!

かんてんです。

 

今日ランチを取っていたら、

隣にいた同年代(と思われる)のサラリーマンがこんな事を言っていました。

「これからはスキルがないとやばいじゃん。先週から英語のスクールに通いだしたよ。」

 

 

・・・はて。

英語が話せるというのは、

これからの時代スキルとなりうるんでしょーか。

 

思うことがあるので

僕の見解をお話します。

 

資格はあなたを守ってくれない!(ほんとに)

 

少し考えれば当然の話ですが、

英語を小さい頃から学んでいる子供たちがこれから社会に出てくるのに

【英語を勉強することがスキルと思っている】

というのは社会の全体図が見えていなくてヤバイと思います。

 

はっきり言ってしまうと、

資格ランキングに出ているような資格を

一生懸命勉強して、勉強して、勉強して。。。

 

コスパ悪いです。

 

だって今は会社の中で給料を上げようと思っても中々上がりませんからね。

 

せっかく超時間を使って資格を取ったのに、

人員整理でリストラになってしまった。。。

そんな人も僕は知っています。

(7カ国語話せるのに、年齢で雇ってくれない!と嘆いていました)

 

きっと、この先翻訳アプリがさらに進化しまくって

「通訳者」という職業すら不要になってくるんじゃないかな~?って思っています。

というか、そんな時代は今すぐそこまで来ています。

 

実際に僕の例でいけば、

20代の頃に1年間みっちり勉強して日常会話レベルの英語は話せるようになりましたが、

別に会社で別途お金が出るわけではありませんでしたからね。

(むしろ余計な仕事を押し付けられて負担が増える憂き目にあいました)

 

で、ですね。

 

お金にならない資格を取るくらいだったら、

もっと収入に直結することを学んだほうが良いですよ。

 

日本の学校教育では「収入に直結しない科目」の勉強ばかりで、

いざ社会に出てもマネタイズする手法が

「会社で怒られないように働く」

「資格を取るよう頑張ってみる」

しかない人ばかりですからね。

 

じゃあ何を勉強すれば良いのか?

って思うかもしれませんが、

それは次の3つです。

 

①タイムマネジメント(時間管理)

②資金管理

③ポイント

④物販

 

これについては後述しますね。

着々とコンテンツの作成を進めていますので、

でき次第このブログで公開していきます。

 

まずは無駄な資格を取らないように、

是非意識して過ごすようにしてみて下さい。

それでは!

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。
16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。
現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。

ABOUTこの記事をかいた人

kanten

ゲームオタクのまま人生を終えるはずが、大学時代に勉強オタクに開眼。 16000人中1位で入庁した新卒公務員を辞めて独立起業した『かんてん』といいます。 現金は持ち歩きません。毎日ポイントと電子マネーのみで生活してます。